幸せを占いで摑もう!

 

 

運命定められたもので、幸・不幸自分では変えられないと考えている方いませんか?占いの勉強をするだけで、大難・中難は小難又は無難に変えられる可能性があります。

自分を知ることが開運の近道で、人生の波(山・谷・平坦・まさか)を上手に乗り越えてこそ、開運が得られるのです。又先天運(生まれながらの運命)、後天運(将来の運勢)を学ぶと、自分はいつチャンスが訪れ、いつ凶運になるかがわかってきます。

絶対犯してはならない方位を犯すと、大変な結果が出る可能性が大になります。

人生の岐路に立った時の選択は、占いの勉強をした人としない人では差が出ます。勉強をしなかった人は、間違った方向を選ぶ方が多い様です。この時期に鑑定にこられた人は、鑑定が違ってなければよい結果が出る可能性が大です。

ただ生きてるだけでは幸せとはいえません。生き生きした人生を送ることがせといえるでしょう。自分の回りに起こることで、意味のないことはありません。物事をプラス思考で考えれば運が開け、開運へとつながります。

開運の扉を開くためにはが必要です。其の鍵を手に入れるための方法が占いの勉強をする事です。当光雲館では学習塾暦、鑑定暦の長い先生方が、親身になって心をこめて鑑定したり、指導させて頂きます。

難しい学問と最初から先入観を持つと、勉強がいやになります。わからないことがあれば一緒に解明していきましょう。上から目線の指導法ではありませんのでお気軽にどんどん質問してください。科目は九星気学、四柱推命、姓名判断がメインです。

九星気学では、ツイテイル為に幸福になり、ツイテイナイ為に苦しみの人生を送ったりするのも必然の現象であり、偶然ではないということを学んでいきます。九星気学の力で運命は変えられます。

凶現象が起きた時にどのように解決するか、どの様にして不幸に遭わないようにするかを学び、開運へと導いていくのです。

九星気学を無視すると非常に高い確率で悪い現象が起きます。九星気学は凶状態を未然に防ぎ、幸せを早くつかめる唯一の開運学問といえると思います。

四柱推命は生年・月・日時間の四つの柱から先天運表、命式(医者でいうカルテ)を作り、あなたの性格や運命等を見つけ出します。又後天運表(大運表、歳運表、大運四角図)で将来の運勢を見つけ総合判断(鑑定)をします。

わかりやすく誰にでもわかる様にきめ細な練習をしますので、この勉強をすれば鑑定がスムースに出来る様になります。

姓名判断は、生きる力をまったくなくし惰性で生きていた人が、姓名を変えた事により問題が解決し、プラス志向と笑顔が出て明るさが戻った。

又病気がちな人がやはり姓名を変えただけで、あまり病気をしなくなってきた等の話をしながら、姓名の不可思議さを勉強して頂きます。

この学問は姓名の陰陽の組み合わせにより吉凶が出ますので、凶の場合運勢を変え(改名)れば幸福を手中に出来る様になります。陰陽の組み合わせは決まっています。それが凶の時は、組み合わせを変え吉となる様にします。

又画数がよいか悪いかにより判断する勉強もします。

私も占いの勉強を、かの有名な高嶋仙龍先生の下でしてきましたが、凶現象はわかってもそれをよくする方法はないのではないかと、15年程前まで思っていました。

しかしあることがきっかけで、占いの勉強を生かすことで、人生を変える道があるのだと気づきました。

それからは、故高嶋仙龍先生の名を汚さない様猛勉強をして参りました。

人と勉強することが大好きな私ですので、現在は心と体の癒しをしながらみなさんと勉強できれば、楽しい余生を遅れると思い光雲館を立ち上げました。

鑑定師になるためには最低九星気学、四柱推命、姓名判断の勉強をし、総合判断をしなければなりません。

しかし相談者さんが金額のこともあり、姓名判断だけでお願いしますとか、方位を見て下さいとか、四柱推命で見て下さいとか、条件をつけることがありますので其の時は其れだけで良いでしょう。

皆さんも余裕があったら、家相、手相、人相、墓相、風水等の勉強もしてみて下さい。

占いにこられる方の殆どは、悩み苦しみを持って来られます。心の癒しをする為に、相談者の話をよく聞いてあげ、それから上目線ではなく、親身になって相談に乗ってあげて下さい。

話を聞いてあげるだけで、又慰めてあげるだけで解決がつく場合もあります。

さあ占いの勉強を始めましょう!

あなたの明るい未来と、親族、周囲の人の明るい未来を築くためにも頑張って勉強すれば人助けにもなります。

心の病の多くは、物事をマイナス思考で考え、自分に暗示をかける人が殆どです。マイナス思考をプラス思考に変えてあげれば明るい未来が見えてきます。自分を助ける、人を助けるどちらでも良いから一緒に勉強をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です