ブログ

人気ブログ整体画像

ブログ一覧

今は亡き両親の事!その2

又、母も”優しく””辛抱強く”(もっとも老後は、目と耳の不自由な事等から、たいへん変わってしまった部分もあり、お世話になった山下夫婦、紳兄夫婦には”大変な思い”をさせてしまった事も”充分承知しております。ここにお世話になった皆様方に厚く御礼を申し上げます。)父と力を合わせて、子どもを守ってくれたものです。家の前にあるどぶ川に落ちて、全身ドブネズミの様になって帰った事が、何回かありましたが、たた一つしか着替えがなくとも、水道も道路を隔てた共同水道まで行っての洗濯で、さぞ”手数の掛かった事でしょうに・・・・。そんな時でも母は決して怒りませんでした。”愛情が深く、辛抱強い”これは両親の子育てに一貫していました。この頃の母の格好は父の軍隊時代のズボンをいつも履いていて、夕方まで遊んでいてなかなか帰ってこない私を、よく迎えに来てくれました。[富士子さーん、富士子さーん]と優しい声で・・・・。母と手をつないで帰る途中、頭上にはコウモリが富んでいましたっけ。この時代に父がひどく”子供達を叱った事がありました。当時紳兄さんが仕入れて来た飴等を売る駄菓子屋で、生計を得ていたのですが、店で売れ残っていたはずの”おまんじゅう”が一つなくななってしまっているので、「誰が食べたか正直に言いなさい」と一人一人に聞いたけれども、雄一兄さんも、洋子姉さんも私も、弟の十郎も「食べていない」と返事をしました。それを聞いた父は、「そんなはずはない、嘘をつく事は非常にいけない事だ、本当の事を言いなさい」と、だんだんすごい見幕になって、初めて見る父のいきり立った様子に、四人の子供はビックリしながらも誰も「自分が食べた」とは言いませんでした。そこへ帰宅した紳兄さんが「あっそれは俺が食べた」・・・・・・父は拍子抜けし
、子供達は”ほっ”として一件落着。この事から、「嘘をついたり不誠実であったりしてはいけない」と言う事を子供ながらに私は理解したのです。気前が良くて気位の高かった父には、もともと商売は適していなかったのだけれど、私が小学五年生の頃、父はようやく勤め先を見つける事が出来、社宅のあった江東区深川に、四人の子供と共に引越してからの事、水を得た魚の様に生き生きとひたすら真面目に”仕事をしていたのでしょう・・・・・・・・・・・・・・。

今は亡き両親の事!その1

町角で、お年寄りを見かけるとふと父や母の面影が忍ばれます。なくなってもう三回忌、亡くなったばかりの頃は、よく枕元に立っていましたが、この頃ではそれが少なくなって来ましたので、、きっとあの世で二人仲良く安住の地を見つけてくれたのではないかと思っています。”植木の手入れが好きだった父”やはりあの世で”美しく”造園して楽しんでいるのかしら?我家の庭で父から譲り受けた木コクや譲り葉が、新芽をふきだすと、父の命を感じます。存命の間中、父が心掛けていた事、それは「他人に迷惑をかけない事」でした。この事は、容易い様で、徹することは難しいことです。なくなる一ヶ月位前、明らかに余命いくばくもない事を知っていた父は、一生を振り返って「どうやら、あまり他人に迷惑をかけずにすんだ様だった」とつぶやいていた。あの悲痛なガンとの戦いの中で、この言葉は父のさわやかな人柄を物語っている様で、私は最後までこの人が”私の父”であった事に誇りを持てました。今、思春期の子供を三人持つ身となり、改めて父母の愛情や苦労の程を知る思いです。満州から六人の子供を引き連れて、リュックサック一つで引きあげて来た父母は、当時の多くの人がそうであったとは言え、”どんなにか大変な思い”をした事でしょう。まだ小さかった私は、ずっと父の背中におぶわれて引きあげて来たわけで、痩せてゴツゴツした背中の感触はわかっても、その苦労の程は後に聞いた話から想像するのみでした。そんな中でも私たち子供が、心まで貧しくならずに済んだのは、両親の深い愛情があったからではないかと思います。ここに幾つかの心に残っている思い出を、ご紹介したいと思います。引きあげてきて四年目位の川崎時代の頃、ままごと遊びが好きだった私が、座布団をくるりと巻いて人形の代わりに抱いていると、その姿を見た父が、ある日かわいい人形を買ってきてくれました。当時の貧しさの中で”どんなに無理をして買ってきてくれたか”今思えばただ”ありがたさ”で一杯です。                       この文章を書いたのは私のすぐ上の姉です。この姉には生活が苦しい時に助けてもらい” 本当に感謝”しています。この場を借りて”ありがとう”と言わせてもらいます。                                                                                                                                    続く

両親の事!山下洋子

夫婦が一生連れ添って、同じ墓に入るということは簡単な事の様でとても難しい事だと思います。私の見た限りでは、両親はいつも一緒でした。父は亭主関白で、右の物を左にもしないタイプだった様です。それを見て育ったせいで今私は、関白亭主と暮らして行けるのかも知れません。でも父は、母をとても大事に思っていると、何かの時に聞かされたのを覚えています。たまに母が家を留守にする時、子供達がいくら気を使って父に対しても、何となく寂しげな顔をする父でした。母は、主人につかえ、子供を育てて、やっと自分の時間が出来た時には、目が見えなくてさぞかし大変だった事でしょう。光と音のない世界で、何であんなに平生な時間を過ごせるのだろうかといつも感心したものです
。水俣に来た時は、父と母のの立場が逆になった様に、父が母の面倒を見ていました。白梅荘に入っていた二年間父は、踊った事もない踊りと、絵に悩まされた様です。何度か父の絵がはってあるのを見たものです。伊豆の下田に遊びに行った時、とても弱った父の姿にびっくりしましたが、あの時既に病気が進んでいたのではと、今になって思われます。子供達と父とで下田を見物した楽しい思い出が、父の元気な最後でした。病気と闘う父も母も、とても物静かな感じがしました。今も一緒に天国で仲良くしている事でしょう。
私はこの文章を書いた洋子姉さんの死に目に会えなかった。腰を痛めて九州まで行ける自信がなかったからである。姉にすまないと思い毎日心の中でわびていた。旦那さんにも何度も電話をし感謝の言葉を述べた。

亡き父母の生命果てる日まで!最終

これだけ死亡する人が多くなっても、自分の親だけはガンにならない様な気がしていた。幾度か相模原から駆けつけてきて、勤めがなければ、このまま幾日も看病してあげたいと帰るたびにうしろ髪を引かれる思いがした。最後の日の”父の寂しい顔”が瞼にこびりついていてどんなに悔いても取り返せない。”何時どこで又会えるやら脈薄き君が死を待つ、手は震えゆく”父の最後の脈に触れて、母の詠んだものである。父が亡くなってから母の顔は本当に寂しさそのものの様になってしまった。五十余年、喜びも悲しみも共に耐えぬいた夫婦の一方が欠けた時(まして母は眼が見えない為なお一層)、もはやそこには何も残っていないのではないか、ただ残された寿命がつきるまで生きているだけではないか。でも母は幸せだった。恵まれていた。皆に看取られて入院もしないで死んでいった。[ありがとう、ありがとう、嬉しかった]と言いながら・・・・・・・・・・・・。父と母は理想的な夫婦であったと思う。父を見送って4ケ月後母は亡くなった。母のお骨をお墓におさめてほっとした。父のお骨が一人ぼっちで可愛そうだったのにまた一緒になれたからである。霊界がどんな所かわからないけれど、手を合わせると二人で仲良く雲の上を歩いて行く姿が私には何時も浮かんで来るのである。「お婆ちゃん、俺より一日でも長生きしてくれよなあ、目が見えなくても良い・・・耳が聞こえなくても良い・・・・から先に死なないでくれよ」と言っていた父、「私もお爺ちゃんが亡くなったら、どんなに子供達が大事にしてくれても寂しくてとても生きて行けませんよ」と言っていた母。幾山河を乗り越えて”そいとげ”ほぼ同じ時期に”生涯”を閉じた本当に素晴らしい夫婦であったと思う。                  啓子

亡き父母の命果てるまで!その5

東京の北区浮間に住んでいた頃の両親の姿が一番平和だった様に思えるが、やがて浮間の家を手放さなければならなくなり、冨士子の所に移り、昭和48年1月越谷弥栄町の雄一方に移っている。翌昭和49年11月には水俣の洋子の所に移り、昭和52年4月白梅荘夫婦個室に入った。景色は素晴らしく建物は美しくても、内に住む人達は肉親にかえりみてもらえない寂しい人々で、「もしお爺ちゃんに先立たれたら私はとてもここにはいられない」と母に言われた時、私は申し訳なさで胸が詰まった。6人も子供を育てて誰一人みてくれる子がいなかったらどんなに悲しい事だろうと・・・・・。幸いに弟の商売もだんだん軌道に乗り、いずれはお爺ちゃん達を呼ぶつもりだと言ってくれたので、出来るだけ早い機会にそれを実現したいと手紙を出した。53年4月2日付けの返事で、「今、芽の出たばかりの時に世話にならずに、何時でも世話になれると言う安心感を楽しみにしてなるべく白梅荘に長く居る事にしよう、但し最悪の場合
、例えばこの部屋を出される事が起きた場合とか。あるいは洋子と鉄也さんの間がもつれたときは迷惑でも子供の世話になるより仕方がない、世話になりに行くまでに消して我儘を言わない良い老人になる修業をしておく事にしよう・・
・・・・」と書いてあった。その後白梅荘土地地との間にちょっとした事があり、思ったよりも早く、54年の4月宇都宮の弟のもとに帰ってくる事になった。まめにきちんと転居先の連絡をする父だったのでそのハガキによると、54年9月宇都宮新町へ(現在このみちゃんの住居)55年7月下田(山の上の3階建ての家)、同年9月スワロウ下田マンション(下田駅の近く)、56年2月八幡野(伊東のスズラン店の近く)同3月発病。
                                                                                             次回で最終になります。

整体

整体に感謝

生前の母は、肩こりが激しく毎日痛みをこらえていました。どうしたら痛みを和らげてあげられるのか、その当時はわかりませんでした。

私が大学生になってふとしたきっかけで整体を知るようになり、これで母の肩こりは解消するのではないかと思い、一生懸命整体の施術や勉強に励みました。

6ヶ月立って、どうにか施術が出来る様になってから母の肩を揉んだところ、”ありがとう、ものすごく楽になったよ”と、とても喜んでくれました。

まだまだ未熟の私でしたが、母の心を捉えたのでしょうか感謝されました。このころは、整体が、いかに体の自然治癒力を高め疲れを癒してくれるものなのか、あまりわかりませんでした。

しかし、整体学校の校長を10年以上やって初めてそれがわかりました。母に整体学校時代にふたたび肩を揉んであげたとき、お前に揉んでもらって楽な一生をおくれた”整体とお前に感謝だよ!”と言ってから、1年後に息をひきとりました。

70歳すぎた現在整体学校は引退しましたが、現場で整体はやっております。母の代わりに肩こり等でこまっている方を、心を込めて施術し、改善の方向にもっていってあげたい一心でやっています。本当にこまっている方のみご連絡下さい。

体の癒し整体

体の疲れはありませんか?私が貴方の体の疲れを親身になって癒します。

一時的にちょっとよくなるだけの施術はしたくありません。本当に困った!なんとか体を良くしたい!と思われる方のみ、 私の経験を生かして親身になって施術をし癒します。

貴方と私、二人の力が合致したとき初めて効力があらわれます。ツボのとり方、使い方により確実に効かす技は、施術者の熟練度により異なります。

経験豊富な私にお任せ下さい。軽く目を閉じ、全身をリラックスさせ、余分な気使いをせず施術者を信頼して、良くなろうと自分に暗示をかければ、効き方も倍増し癒されます。

施術者は、受ける側に私が貴方をよくしてやるぞという心構え(愛情)を持てる人でなければ駄目です。お任せ下さいきっと貴方の自然治癒力が高まり、癒され満足する結果がでると思いますよ。

施術料金は 30分⇔3,000円 45分⇔4,000円 60分⇔5,100円 75分⇔6,300円 90分→7,500円  120分⇔10,000円 です。

色々な症状があるのに 原因がわからず、健康食品 を食べたり、病院を渡りあるいたりしても解決がつかない方、一度こちらに来られて見たらいかがですか?

正常な血液を造り正常に循環する体になる為に、整体で自然治癒力を高めていけば、症状は改善すると思います。

健康を維持するには 、自然治癒力を高めることです。切り傷、風邪などの病気が根本的になおるのは自分自身の治癒力(免疫等)です。

色々な症状が出たときの改善法は、硬直した場所をゆるめて緊張をほぐすことです。

体の弱った所や、緩みきった所を調整すればよいのですが、受け手が施術者に任すばかりでなく、自分でも良くしようという考えを持たなければよりよい改善は出来ないし癒されません。

と言うのは、人間の体は精神力、気持ちでよくなったり悪くなったりするからです。

受け手と施術者の気力がみなぎっていれば、整体の効果が出ますので、くれぐれも自己判断をして落ち込まない様に心がけて下さい。

 

投稿タイトル

ここに投稿の説明が入ります。

ここに投稿の説明が入ります。

ここに投稿の説明が入ります。

占い

幸せを占いで摑もう!

 

 

運命定められたもので、幸・不幸自分では変えられないと考えている方いませんか?占いの勉強をするだけで、大難・中難は小難又は無難に変えられる可能性があります。

自分を知ることが開運の近道で、人生の波(山・谷・平坦・まさか)を上手に乗り越えてこそ、開運が得られるのです。又先天運(生まれながらの運命)、後天運(将来の運勢)を学ぶと、自分はいつチャンスが訪れ、いつ凶運になるかがわかってきます。

絶対犯してはならない方位を犯すと、大変な結果が出る可能性が大になります。

人生の岐路に立った時の選択は、占いの勉強をした人としない人では差が出ます。勉強をしなかった人は、間違った方向を選ぶ方が多い様です。この時期に鑑定にこられた人は、鑑定が違ってなければよい結果が出る可能性が大です。

ただ生きてるだけでは幸せとはいえません。生き生きした人生を送ることがせといえるでしょう。自分の回りに起こることで、意味のないことはありません。物事をプラス思考で考えれば運が開け、開運へとつながります。

開運の扉を開くためにはが必要です。其の鍵を手に入れるための方法が占いの勉強をする事です。当光雲館では学習塾暦、鑑定暦の長い先生方が、親身になって心をこめて鑑定したり、指導させて頂きます。

難しい学問と最初から先入観を持つと、勉強がいやになります。わからないことがあれば一緒に解明していきましょう。上から目線の指導法ではありませんのでお気軽にどんどん質問してください。科目は九星気学、四柱推命、姓名判断がメインです。

九星気学では、ツイテイル為に幸福になり、ツイテイナイ為に苦しみの人生を送ったりするのも必然の現象であり、偶然ではないということを学んでいきます。九星気学の力で運命は変えられます。

凶現象が起きた時にどのように解決するか、どの様にして不幸に遭わないようにするかを学び、開運へと導いていくのです。

九星気学を無視すると非常に高い確率で悪い現象が起きます。九星気学は凶状態を未然に防ぎ、幸せを早くつかめる唯一の開運学問といえると思います。

四柱推命は生年・月・日時間の四つの柱から先天運表、命式(医者でいうカルテ)を作り、あなたの性格や運命等を見つけ出します。又後天運表(大運表、歳運表、大運四角図)で将来の運勢を見つけ総合判断(鑑定)をします。

わかりやすく誰にでもわかる様にきめ細な練習をしますので、この勉強をすれば鑑定がスムースに出来る様になります。

姓名判断は、生きる力をまったくなくし惰性で生きていた人が、姓名を変えた事により問題が解決し、プラス志向と笑顔が出て明るさが戻った。

又病気がちな人がやはり姓名を変えただけで、あまり病気をしなくなってきた等の話をしながら、姓名の不可思議さを勉強して頂きます。

この学問は姓名の陰陽の組み合わせにより吉凶が出ますので、凶の場合運勢を変え(改名)れば幸福を手中に出来る様になります。陰陽の組み合わせは決まっています。それが凶の時は、組み合わせを変え吉となる様にします。

又画数がよいか悪いかにより判断する勉強もします。

私も占いの勉強を、かの有名な高嶋仙龍先生の下でしてきましたが、凶現象はわかってもそれをよくする方法はないのではないかと、15年程前まで思っていました。

しかしあることがきっかけで、占いの勉強を生かすことで、人生を変える道があるのだと気づきました。

それからは、故高嶋仙龍先生の名を汚さない様猛勉強をして参りました。

人と勉強することが大好きな私ですので、現在は心と体の癒しをしながらみなさんと勉強できれば、楽しい余生を遅れると思い光雲館を立ち上げました。

鑑定師になるためには最低九星気学、四柱推命、姓名判断の勉強をし、総合判断をしなければなりません。

しかし相談者さんが金額のこともあり、姓名判断だけでお願いしますとか、方位を見て下さいとか、四柱推命で見て下さいとか、条件をつけることがありますので其の時は其れだけで良いでしょう。

皆さんも余裕があったら、家相、手相、人相、墓相、風水等の勉強もしてみて下さい。

占いにこられる方の殆どは、悩み苦しみを持って来られます。心の癒しをする為に、相談者の話をよく聞いてあげ、それから上目線ではなく、親身になって相談に乗ってあげて下さい。

話を聞いてあげるだけで、又慰めてあげるだけで解決がつく場合もあります。

さあ占いの勉強を始めましょう!

あなたの明るい未来と、親族、周囲の人の明るい未来を築くためにも頑張って勉強すれば人助けにもなります。

心の病の多くは、物事をマイナス思考で考え、自分に暗示をかける人が殆どです。マイナス思考をプラス思考に変えてあげれば明るい未来が見えてきます。自分を助ける、人を助けるどちらでも良いから一緒に勉強をしてみませんか?