ブログ

人気ブログ整体画像

ブログ一覧

亡き兄姉のおもいで!その3

「満月の女将という人は姉の小さい時良く面倒見た人で後には大きな料亭を営み成功した人です。」姉はこの人の性質を受けているせいか、姉妹中で一番元気者で、一番怖がりやで一寸違っていました。何か心配事が起こると又”鶴ちゃだろう”と言われみんなの注目の的でしたがこの気丈さは、世の中に出て又昭代において助かったのではないでしょうか?他の姉妹はあまりに弱すぎて自分を苦しめている様な気がします。特に一番上の姉はその典型的なものであった様です。さてこの度、はからずも兄上が悪病で入院され三十五キロに痩せられた事をお聞きした時、若かりし三坂通りの思い出がまざまざと私の目の前を”彷彿として”・・・・・・涙が滲みました。啓子さんと紳さん(二歳と一歳)を両手に軽々と抱き、悠々三坂通りのかなりの坂を登ってこられたあの・・・・ああ人生はこうも変わって行くものでありましょうか・・・・・あの元気あの若さ・・・・・気丈な兄も病には勝てなかったのかと・・・・・・・・。思い出は又昔に帰りますが、兄は結婚後第一生命保険会社に活躍し、とんとん拍子に成功し奉天に転勤になった時は、支店長でレンガ造りの大きな素晴らしい社宅住まいだったそうです。わたしはおとずれませんでしたが・・・・・・・・・・・。
しかしそこで兄姉達にとって大きなショックが起こったのです。それは可愛い子供さんを四人も亡くされた事です。兄はとても子煩悩だったので、その悲しみはお話になりませんでした。また姉もすっかり力を落とし二人で嘆き悲しみ、しばしば立ち上がる元気もなかったのですが、女はやはり強く、姉の励ましで兄もやっと元気を取り戻したとの事です。兄姉の一生にとって忘れられない苦しい思い出だったと思います。

亡き兄姉の思い出!その2

ところがある時、兄が訪れたのでびっくりしました。きっと文通でもして仲良くなっていたのかもしれません。兄の介抱で姉は助かりましたが、兄と姉の仲がいつの間にこんな仲になっていたのかと不思議に思ったわけです。私は女学生でしたのであまり感心なかったのですが、それからニ、三年後に兄と姉は京城で愛の巣を造る事になりました。その間いろいろな問題が起こったのです。姉は最初から兄と上手く結婚出来ませんでした。心の隅に忘れられないものを抱きながら、昔ながらのしきたりの見合いが始まったのです。それが京城という場所であった事がそもそも兄との縁を結ぶ原因となったわけです。そしてその見合いの相手は郵便局の局長の次の方で、相当の年配で給料もたくさんとられている様聞いていました。ところがさあお見合いとなると、その方の頭に髪の毛が一本もはえていないのでびっくりしたらしいのです。”病気じゃないのかしら”と姉は逆上するばかりに家を飛び出し”兄の下宿に”走ったのです。それから一年程姉は、満月と言う料亭(父の銀行時代の女中)に遊び時折兄と会い愛は益々実った様です。そしてついに結婚となり新居を構えました。

亡き兄姉の思い出!その1

兄は商業を抜群の成績で出た優れた才能の持ち主でした。私はその頃十七歳位で高女の三年生だった思います。姉と私は父母の家からちょっと離れた別宅に住居を構え姉は毎日刺繍、裁縫に余念がなかった様です。食事は母屋で召使は何人もいましたので姉と交代に食べに行っていました。姉は気丈でしたが、とても優しく私を良く可愛がってくれました。また姉の趣味は和歌、小説従って読書は素晴らしく、毎晩十二時まで手から本を話した事がありませんでした。夏の頃は蚊帳の中で小さい字を読み取るので若い時から目が悪く、両親の心配の種でした。ある日、学校から帰ると、庭に美しい水仙の花が「S・T」と綺麗に植えてあるのを見て、びっくりしました。その頃は、私にはピンと来なかったのですが、後でしみじみ思い当たるのは「S」は佐々木の頭文字「T」は忠一の頭文字だったのでしょう。姉は密かに兄を慕っている事がわかったのです。又姉はとても調子が良く、四つ違いの私を良く使い回して喜んでいました。ある冬の頃のことでした。カキを二つ買って来てと言いますので、「古いカキはお腹に良くないよ」と申しますと、「いいから買ってきなさい」ときかないので、私は飛んでいって買ってきました。するとそのカキを食べた時から発熱していわゆる「腸チブス」とやらにかかり就床したわけです。熱が八度ほど上がりなかなか下がらない、毎日毎日水で冷やしてお混じりを運び二週間起き上がれなかったのです。私は必死で介抱しました。          続く・・・・

今は亡き両親の事!その4(最終)

晩年はお酒飲みだった父も、この頃はほとんどお酒を飲んだ事はなかったのにある夜一升瓶をからにしてしまい、母に仕切りとあたっていた事がありました。きっと切ない思いが、溜まってしまってのことと思いますが、悲しそうな両親の声を聞いたのは、この時が初めてでした。「手当」と言う言葉を聞くたびに、父の中指の曲がった手を思い出します。ある日、激しい腹痛に襲われ苦しんでいる私を、「手当」の語源通り治るまでじっと長い事、手を当てて看病してくれたのでした。父が亡くなる一ヶ月位、宇都宮国立病院で一週間位、一緒にいられた時、昔してくれた「手当」のお返しに、よく背中をさすってあげると、「ああチャーだ・・・・」と言って、ある中国人の話をし始めました大金持ちで、息子達も医者等の立派な職業に就いていて、何不自由ない生活だったこの中国人の、最後の面倒を本当に見てくれたのは、お婆さんだったチェという人だった(中国人なので、チャと発音したとか・・・)そうです。「人の幸福」と言うのはこんな所にあるものだとしみじみ語った。私の知る限りでは両親は「責任感の強い人であったし、子供達にも、周りの人達にも、とても良くしていた様である。だから最後は、子供達全員に看取られて「幸せ」であった事が、私の気持ちを明るくしています。

今は亡き両親の事!その3

三年位が過ぎた頃、勤め先の社長から勤務振りを賞して”金一封”を頂いた事があった。父はそれを無遅刻無欠勤でいられたのは母のおかげと言い、母に手渡した母はその時涙していた。”感激する”と言う事を覚えたのは、この時でした。今、物質文明に恵まれた時代になり、朝起きれば、昨夜セットしておいたヒーターのタイマーで部屋は”ポカポカ”しているという生活の中で、こう出来る事への主人に対する感謝の気持ちと同時に、寒い冬の朝の”母の姿”を思い出します。頭からスッポリ襟巻きをして綿入れを着込んで、火ちりんに火を起こし、練炭の下の方が赤くなって、暖かくなった頃他の家族は起き出し、六人でコタツはギュウギュウになる。暖かいお味噌汁をすすって・・・平和な毎日でした。
ラジオからは娯楽番組は流れておらず、NHKのお堅い放送ばかりでした。(父はこのラジオを戦後の苦しかった思い出にと、長い事大事に保存していました。)ちまたで流行った”流行歌”を聞き覚えて来て口ずさんだりすると、「子供がそんな”はしたない歌”を歌うものではない」と、たしなめられるので自然音楽からは遠のいてしまって、今私は、音痴の部類です。これは父のありがたくない置き土産なのです・・・・。父が何故音楽を嫌ったのかというと、父は人も知る音痴だったからです。父が歌らしいものを歌っていたのを聞いたのは、たった一つ、「ここはお国の何百里、離れて遠き満州の赤い夕日に・・・・・」という例の歌だけです。質素な生活のこの頃、私達子供は、”おやつに”良く昆布の根っこを食べさせられました。母は味で言うと”こんぶ”、父は”菜っ葉の漬物”と”イナゴの佃煮”なのです。漬物の中に菜の花を見つけると、まるで高価なものを扱う様に弟や私の口にそっと運んでくれたものです。 次回で最終!

整体

整体に感謝

生前の母は、肩こりが激しく毎日痛みをこらえていました。どうしたら痛みを和らげてあげられるのか、その当時はわかりませんでした。

私が大学生になってふとしたきっかけで整体を知るようになり、これで母の肩こりは解消するのではないかと思い、一生懸命整体の施術や勉強に励みました。

6ヶ月立って、どうにか施術が出来る様になってから母の肩を揉んだところ、”ありがとう、ものすごく楽になったよ”と、とても喜んでくれました。

まだまだ未熟の私でしたが、母の心を捉えたのでしょうか感謝されました。このころは、整体が、いかに体の自然治癒力を高め疲れを癒してくれるものなのか、あまりわかりませんでした。

しかし、整体学校の校長を10年以上やって初めてそれがわかりました。母に整体学校時代にふたたび肩を揉んであげたとき、お前に揉んでもらって楽な一生をおくれた”整体とお前に感謝だよ!”と言ってから、1年後に息をひきとりました。

70歳すぎた現在整体学校は引退しましたが、現場で整体はやっております。母の代わりに肩こり等でこまっている方を、心を込めて施術し、改善の方向にもっていってあげたい一心でやっています。本当にこまっている方のみご連絡下さい。

体の癒し整体

体の疲れはありませんか?私が貴方の体の疲れを親身になって癒します。

一時的にちょっとよくなるだけの施術はしたくありません。本当に困った!なんとか体を良くしたい!と思われる方のみ、 私の経験を生かして親身になって施術をし癒します。

貴方と私、二人の力が合致したとき初めて効力があらわれます。ツボのとり方、使い方により確実に効かす技は、施術者の熟練度により異なります。

経験豊富な私にお任せ下さい。軽く目を閉じ、全身をリラックスさせ、余分な気使いをせず施術者を信頼して、良くなろうと自分に暗示をかければ、効き方も倍増し癒されます。

施術者は、受ける側に私が貴方をよくしてやるぞという心構え(愛情)を持てる人でなければ駄目です。お任せ下さいきっと貴方の自然治癒力が高まり、癒され満足する結果がでると思いますよ。

施術料金は 30分⇔3,000円 45分⇔4,000円 60分⇔5,100円 75分⇔6,300円 90分→7,500円  120分⇔10,000円 です。

色々な症状があるのに 原因がわからず、健康食品 を食べたり、病院を渡りあるいたりしても解決がつかない方、一度こちらに来られて見たらいかがですか?

正常な血液を造り正常に循環する体になる為に、整体で自然治癒力を高めていけば、症状は改善すると思います。

健康を維持するには 、自然治癒力を高めることです。切り傷、風邪などの病気が根本的になおるのは自分自身の治癒力(免疫等)です。

色々な症状が出たときの改善法は、硬直した場所をゆるめて緊張をほぐすことです。

体の弱った所や、緩みきった所を調整すればよいのですが、受け手が施術者に任すばかりでなく、自分でも良くしようという考えを持たなければよりよい改善は出来ないし癒されません。

と言うのは、人間の体は精神力、気持ちでよくなったり悪くなったりするからです。

受け手と施術者の気力がみなぎっていれば、整体の効果が出ますので、くれぐれも自己判断をして落ち込まない様に心がけて下さい。

 

投稿タイトル

ここに投稿の説明が入ります。

ここに投稿の説明が入ります。

ここに投稿の説明が入ります。

占い

幸せを占いで摑もう!

 

 

運命定められたもので、幸・不幸自分では変えられないと考えている方いませんか?占いの勉強をするだけで、大難・中難は小難又は無難に変えられる可能性があります。

自分を知ることが開運の近道で、人生の波(山・谷・平坦・まさか)を上手に乗り越えてこそ、開運が得られるのです。又先天運(生まれながらの運命)、後天運(将来の運勢)を学ぶと、自分はいつチャンスが訪れ、いつ凶運になるかがわかってきます。

絶対犯してはならない方位を犯すと、大変な結果が出る可能性が大になります。

人生の岐路に立った時の選択は、占いの勉強をした人としない人では差が出ます。勉強をしなかった人は、間違った方向を選ぶ方が多い様です。この時期に鑑定にこられた人は、鑑定が違ってなければよい結果が出る可能性が大です。

ただ生きてるだけでは幸せとはいえません。生き生きした人生を送ることがせといえるでしょう。自分の回りに起こることで、意味のないことはありません。物事をプラス思考で考えれば運が開け、開運へとつながります。

開運の扉を開くためにはが必要です。其の鍵を手に入れるための方法が占いの勉強をする事です。当光雲館では学習塾暦、鑑定暦の長い先生方が、親身になって心をこめて鑑定したり、指導させて頂きます。

難しい学問と最初から先入観を持つと、勉強がいやになります。わからないことがあれば一緒に解明していきましょう。上から目線の指導法ではありませんのでお気軽にどんどん質問してください。科目は九星気学、四柱推命、姓名判断がメインです。

九星気学では、ツイテイル為に幸福になり、ツイテイナイ為に苦しみの人生を送ったりするのも必然の現象であり、偶然ではないということを学んでいきます。九星気学の力で運命は変えられます。

凶現象が起きた時にどのように解決するか、どの様にして不幸に遭わないようにするかを学び、開運へと導いていくのです。

九星気学を無視すると非常に高い確率で悪い現象が起きます。九星気学は凶状態を未然に防ぎ、幸せを早くつかめる唯一の開運学問といえると思います。

四柱推命は生年・月・日時間の四つの柱から先天運表、命式(医者でいうカルテ)を作り、あなたの性格や運命等を見つけ出します。又後天運表(大運表、歳運表、大運四角図)で将来の運勢を見つけ総合判断(鑑定)をします。

わかりやすく誰にでもわかる様にきめ細な練習をしますので、この勉強をすれば鑑定がスムースに出来る様になります。

姓名判断は、生きる力をまったくなくし惰性で生きていた人が、姓名を変えた事により問題が解決し、プラス志向と笑顔が出て明るさが戻った。

又病気がちな人がやはり姓名を変えただけで、あまり病気をしなくなってきた等の話をしながら、姓名の不可思議さを勉強して頂きます。

この学問は姓名の陰陽の組み合わせにより吉凶が出ますので、凶の場合運勢を変え(改名)れば幸福を手中に出来る様になります。陰陽の組み合わせは決まっています。それが凶の時は、組み合わせを変え吉となる様にします。

又画数がよいか悪いかにより判断する勉強もします。

私も占いの勉強を、かの有名な高嶋仙龍先生の下でしてきましたが、凶現象はわかってもそれをよくする方法はないのではないかと、15年程前まで思っていました。

しかしあることがきっかけで、占いの勉強を生かすことで、人生を変える道があるのだと気づきました。

それからは、故高嶋仙龍先生の名を汚さない様猛勉強をして参りました。

人と勉強することが大好きな私ですので、現在は心と体の癒しをしながらみなさんと勉強できれば、楽しい余生を遅れると思い光雲館を立ち上げました。

鑑定師になるためには最低九星気学、四柱推命、姓名判断の勉強をし、総合判断をしなければなりません。

しかし相談者さんが金額のこともあり、姓名判断だけでお願いしますとか、方位を見て下さいとか、四柱推命で見て下さいとか、条件をつけることがありますので其の時は其れだけで良いでしょう。

皆さんも余裕があったら、家相、手相、人相、墓相、風水等の勉強もしてみて下さい。

占いにこられる方の殆どは、悩み苦しみを持って来られます。心の癒しをする為に、相談者の話をよく聞いてあげ、それから上目線ではなく、親身になって相談に乗ってあげて下さい。

話を聞いてあげるだけで、又慰めてあげるだけで解決がつく場合もあります。

さあ占いの勉強を始めましょう!

あなたの明るい未来と、親族、周囲の人の明るい未来を築くためにも頑張って勉強すれば人助けにもなります。

心の病の多くは、物事をマイナス思考で考え、自分に暗示をかける人が殆どです。マイナス思考をプラス思考に変えてあげれば明るい未来が見えてきます。自分を助ける、人を助けるどちらでも良いから一緒に勉強をしてみませんか?