亡き兄姉のおもいで!その3

「満月の女将という人は姉の小さい時良く面倒見た人で後には大きな料亭を営み成功した人です。」姉はこの人の性質を受けているせいか、姉妹中で一番元気者で、一番怖がりやで一寸違っていました。何か心配事が起こると又”鶴ちゃだろう”と言われみんなの注目の的でしたがこの気丈さは、世の中に出て又昭代において助かったのではないでしょうか?他の姉妹はあまりに弱すぎて自分を苦しめている様な気がします。特に一番上の姉はその典型的なものであった様です。さてこの度、はからずも兄上が悪病で入院され三十五キロに痩せられた事をお聞きした時、若かりし三坂通りの思い出がまざまざと私の目の前を”彷彿として”・・・・・・涙が滲みました。啓子さんと紳さん(二歳と一歳)を両手に軽々と抱き、悠々三坂通りのかなりの坂を登ってこられたあの・・・・ああ人生はこうも変わって行くものでありましょうか・・・・・あの元気あの若さ・・・・・気丈な兄も病には勝てなかったのかと・・・・・・・・。思い出は又昔に帰りますが、兄は結婚後第一生命保険会社に活躍し、とんとん拍子に成功し奉天に転勤になった時は、支店長でレンガ造りの大きな素晴らしい社宅住まいだったそうです。わたしはおとずれませんでしたが・・・・・・・・・・・。
しかしそこで兄姉達にとって大きなショックが起こったのです。それは可愛い子供さんを四人も亡くされた事です。兄はとても子煩悩だったので、その悲しみはお話になりませんでした。また姉もすっかり力を落とし二人で嘆き悲しみ、しばしば立ち上がる元気もなかったのですが、女はやはり強く、姉の励ましで兄もやっと元気を取り戻したとの事です。兄姉の一生にとって忘れられない苦しい思い出だったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です